<< 性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信) | main | <囲碁>アジア大会代表候補12人発表(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater](Business Media 誠)

 上質な写真と音楽によるアプリケーション。「ataraxia [photo theater]」は、写真界の芥川賞にあたる木村伊兵衛写真賞を2008年に受賞した注目の若手写真家岡田敦と、キーボードプレイヤー、アレンジャーとして数々の有名アーティストとの仕事で知られる守時タツミの2人による、写真と音楽による映像詩である。

【動画:ataraxia [photo theater]】 【拡大画像や他の画像】

 このアプリは、それを立ち上げた途端、どこにいても上質な写真と音楽とともに、アーティストが描きだす別世界に旅立つことが可能なのだ。

 紙媒体の写真集と、Webのなかのアプリケーションソフトとしてのメディア特性の違いもこの作品では如実にあらわれている。写真集でその作品世界を体感することは、当然ながら作品とその本が置かれる環境とがセットになっている。小説やエッセイなど、小さな単行本の体裁を持つものと異なり、写真集はサイズが大きいことが、その作品世界に没入するための特性となっている。だが、その特性が写真そのものの機動性を阻害し、それを楽しんだり、それが置かれるシチュエーションを限定してしまう。

 しかし、それがiPhoneやiPadのアプリケーションに置き換わった途端、写真の世界観は、それを楽しむ場所や状況を選ぶことなく、部屋をとびだしどこにいても手のひらの中で作品世界を楽しむことが可能になる。

 「写真集は抽象的なもの」と語る写真家の岡田敦氏。「ataraxia [photo theater]」では、個人的なものであるはずの作品世界の表現を、守時タツミ氏というアーティストとともに音楽と重ね合わせるということにチャレンジしている。岡田氏はそこに、作品世界が「再生していく感じ」を抱いたという。

 本アプリケーションでは岡田氏の写真集「ataraxia」(岡田敦・伊津野重美、青幻舎)からの作品全体をほぼ網羅し、加えて未公開カットも含んでいる。

 だが、内的な表現力が際立つ写真集と、外界にひらかれていく感じの強いアプリケーションとの違い、そして一度手をかけまとめあげた作品集を、新たにアプリケーションソフトとして作品世界を変換することに作家としての戸惑いはなかったのだろうか?

 「写真をやっていていつも感じることは、“作品を人に届ける”ということが、想像以上に難しいということです。たとえば新聞や写真雑誌などに素晴らしい書評を書いていただくことがあっても、実際に書店や展覧会に脚を運んでいただいているという実感を持ちづらいところがあります。やはり写真にたずさわるものとして写真文化を拡げたいという思いが強くありますし、作品が世界にむけられて発信されるということはとても素晴らしいことだと思っています。

 ですので本アプリケーションのように、気軽に写真に触れ合う機会が増えることは嬉しいことだと思っています。これからは、写真集よりも先にアプリを観て僕の作品を知ってくれる人も増えるかもしれませんし、そういった人たちが、展覧会や写真集にも興味を持ってくれたら嬉しいなと思っています」と岡田氏は語る。

 その点、昨今の音楽メディアはデジタル化が進んだこともあり、ショップに脚を運ばなくてもネットで好きな音楽作品を安価に手軽に買うことができる。守時氏は音楽家としてそのような現状をどのように捉えているのだろうか。

 「音楽の方はiTunesという利便性に優れたデジタル配信が10年ほど前から始まっていて、音楽配信ということにもすでに社会的な理解もあります。そこから音楽産業自体がずいぶんかわった印象があります。だから作品を発表するためのプラットフォームについては、CDでもiTunesでも僕個人はこだわりがなくなってきています。今回の「ataraxia [photo theater]」ですが、写真家とのコラボレーションも含め、制作におけるコンセプトさえしっかりしていれば、アプリでも充分に作品になりうることを提示できたと思っています」

 写真家の岡田氏も「写真集はそれ自体でもちろん1つの作品なのですが、このアプリでは、写真を選びなおすというその世界観を音楽も含め再構築する過程を経て、写真集とは違うまた新しい作品になりました」と自信を示した。

 アプリケーションでありながら「作品」というパッケージとしての力をもつこと。Webメディアと紙メディアの違いや、その特性が賛否両論で語られる現代。今後それぞれが互いを補完し合う関係により、そこで表現されるアートや音楽、そしてコンテンツ自体に対するわれわれの理解や、作家の表現の奥行きが深まるのであれば、そこにこそ未来のメディアの可能性はひらけるような気がしている。【加藤孝司,エキサイトイズム】

●ataraxia [photo theater]
対応端末は iPhone 3G、iPhone 3GS、iPod touch、iPad
iPhone版
iPad版

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
長山智美のムームー日記SP「ホームセンタースタイル」1
ミラノサローネ2010、次世代照明も見えた
ミラノサローネ2010、カッシーナ 歴史と未来を表現

「岡本ホテル」捜索 「ファンドで運用」(産経新聞)
<連合>日本人材派遣協会と待遇改善で合意文書(毎日新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
北朝鮮の魚雷攻撃、日米で共同歩調…首相(読売新聞)
<タクシー強盗>19歳米兵に懲役3〜4年の実刑 那覇地裁(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 16:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
審査 甘い キャッシング
情報起業
カードでお金
ネットビジネス
債務整理
2ショットチャット
selected entries
archives
recent comment
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    リンデル (01/15)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    タンやオ (01/01)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    ポリエモン (12/23)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    ちょーたん (12/13)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • 税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
    機関棒 (11/26)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM